HOME | モルドバワインについて

モルドバワインについて

モルドバワインについて・モルドバマーケット・歴史・MOLDOVA WINE
 
 モルドバの特徴である、真っ黒で肥沃な土壌、なだらかな傾斜の地形と、豊富な日照時間。多くの条件により葡萄栽培に適した環境が整えられているこの国では、世界最古ともいわれる歴史を誇るワイン製造が続いており、現在もモルドバの主要産業となっています。
 国の葡萄畑面積は合計で147,000ヘクタールにも及び、作られたワインの殆どは主にヨーロッパへ輸出されています。
5,000年以上の歴史を誇るモルドバのワインは、古くはロシアのロマノフ王朝に愛されたことで有名ですが、現在も世界各地で数々の賞を受賞しています。

モルドバワインについて・モルドバマーケット・歴史・MOLDOVA WINE
 モルドバワインについて

 モルドバの特徴である、真っ黒で肥沃な土壌、なだらかな傾斜の地形と、豊富な日照時間。多くの条件により葡萄栽培に適した環境が整えられているこの国では、世界最古ともいわれる歴史を誇るワイン製造が続いており、現在もモルドバの主要産業となっています。
 国の葡萄畑面積は合計で147,000ヘクタールにも及び、作られたワインの殆どは主にヨーロッパへ輸出されています。
5,000年以上の歴史を誇るモルドバのワインは、古くはロシアのロマノフ王朝に愛されたことで有名ですが、現在も世界各地で数々の賞を受賞しています。
 
 
モルドバワインについて・モルドバマーケット・歴史・MOLDOVA WINE

モルドバワインについて・モルドバマーケット・地域区分・MOLDOVA WINE
  地域区分について 

 
 
モルドバワインについて・モルドバマーケット・地域区分・MOLDOVA WINE

 
 
モルドバワインについて・モルドバマーケット・地域区分・MOLDOVA WINE
 

 
 
 
 

モルドバワインについて・モルドバマーケット・地域区分・MOLDOVA WINE
 PGI Divin - ディヴィン地域 - モルドバ全域 

「ワインから作られたもの(di Vine)」を意味するディヴィンは、ワイン由来の蒸留酒であり、モルドバ全域で製造が認められています。2回の蒸留を経てから、最低3年間大樽で熟成し作られます。
 

モルドバワインについて・モルドバマーケット・地域区分・MOLDOVA WINE
PGI Codru - コードル地域 - 中央部

首都キシナウがある中央部に位置し、葡萄畑の面積は国内最大(約61,200 ha)で、白葡萄が約70%を占めています。オークやリンデン、ブナ、カエデ、シナノキ等の森が地域の25%を占め、気候に影響を与えています。白ワインのほか高級赤ワインやスパークリングワインの栽培品種にも適した地域です。平均気温は10〜12℃、年間降水量は550〜600mm、平均日照時間は2,135時間/年。谷や渓谷や小さな川が多く、通気性の良い軽い土壌です。
 

モルドバワインについて・モルドバマーケット・地域区分・MOLDOVA WINE
PGI Stefan Voda - ステファン・ヴォダ地域 - 南東部 

モルドバ南東の低地にあり、ニストル川沿いにある平野や丘陵地帯が含まれる地域です。1年を通し降水量が少なく、穏やかで日当たりの良い気候です。適度な大陸性気質で、黒海からの影響もやや強いです。赤も白も、香りや果実味の豊かなワインが造られるのが特徴です。年間降水量は450mm、平均日照時間は2,200時間/年。チェルノゼムとポドゾルという土壌が主となっています。
 

モルドバワインについて・モルドバマーケット・地域区分・MOLDOVA WINE
PGI Valul lui Traian - ヴァル・ルイ・トゥラヤン地域 - 南西部

ローマ帝国時代に建てられた2つのTrajan's Walls(トラヤヌスの城壁)の間にある地域。多くの谷や川、森や草原地帯が広がり、黒海とティゲチ丘陵の森林、プルート川の影響を受けている温暖で雨の少ない気候です。赤ワイン生産に特化した地域であり、リキュールワインでも知られています。年間降水量は350〜500mm。平均日照時間は2,500時間/年。主な土壌は、チェルノゼムとポドゾルです。

モルドバワインについて・モルドバマーケット・地域区分・MOLDOVA WINE
  地域区分について 

モルドバワインについて・モルドバマーケット・地域区分・MOLDOVA WINE

 
モルドバワインについて・モルドバマーケット・地域区分・MOLDOVA WINE
 
ディヴィン地域 - モルドバ全域

 

モルドバワインについて・モルドバマーケット・地域区分・MOLDOVA WINE

「ワインから作られたもの(di Vine)」を意味するディヴィンは、ワイン由来の蒸留酒であり、モルドバ全域で製造が認められています。2回の蒸留を経てから、最低3年間大樽で熟成し作られます。

コードル地域 - 中央部
 
モルドバワインについて・モルドバマーケット・地域区分・MOLDOVA WINE

首都キシナウがある中央部に位置し、葡萄畑の面積は国内最大(約61,200 ha)で、白葡萄が約70%を占めています。オークやリンデン、ブナ、カエデ、シナノキ等の森が地域の25%を占め、気候に影響を与えています。白ワインのほか高級赤ワインやスパークリングワインの栽培品種にも適した地域です。平均気温は10〜12℃、年間降水量は550〜600mm、平均日照時間は2,135時間/年。谷や渓谷や小さな川が多く、通気性の良い軽い土壌です。
ステファン・ヴォダ地域 - 南東部
 
モルドバワインについて・モルドバマーケット・地域区分・MOLDOVA WINE

モルドバ南東の低地にあり、ニストル川沿いにある平野や丘陵地帯が含まれる地域です。1年を通し降水量が少なく、穏やかで日当たりの良い気候です。適度な大陸性気質で、黒海からの影響もやや強いです。赤も白も、香りや果実味の豊かなワインが造られるのが特徴です。年間降水量は450mm、平均日照時間は2,200時間/年。チェルノゼムとポドゾルという土壌が主となっています。
ヴァル・ルイ・トゥラヤン地域 - 南西部
 
モルドバワインについて・モルドバマーケット・地域区分・MOLDOVA WINE

ローマ帝国時代に建てられた2つのTrajan's Walls(トラヤヌスの城壁)の間にある地域。多くの谷や川、森や草原地帯が広がり、黒海とティゲチ丘陵の森林、プルート川の影響を受けている温暖で雨の少ない気候です。赤ワイン生産に特化した地域であり、リキュールワインでも知られています。年間降水量は350〜500mm。平均日照時間は2,500時間/年。主な土壌は、チェルノゼムとポドゾルです。
モルドバワインについて・モルドバマーケット・葡萄品種・地場品種・MOLDOVA WINE

モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバ固有品種の葡萄・MOLDOVA WINE
   モルドバ固有品種の葡萄

 
モルドバで栽培されている葡萄品種は、西欧品種、コーカサス地方の品種、及びモルドバ固有品種が含まれます。
112,000haの葡萄畑のうち70%はコードル地域で栽培される白葡萄、30%が南部地域で多く栽培される黒葡萄であり、
現在は全体の約10%をモルドバの固有品種が占めています。
 

モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバ固有品種の葡萄・MOLDOVA WINE
Rara Neagra
    - ララ・ニャグラ

古代ダキア人により栽培されてきた、歴史的に大変古いルーツを持つ品種と言われています。作られたワインはフレッシュで柔らかく、果実味豊かな味わいが特徴。
時間の経過と共にドライフルーツの香りが現れます。ルーマニアやウクライナなどの周辺国では、国ごとの名称で呼ばれています。
 

モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバ固有品種の葡萄・MOLDOVA WINE
Feteasca Neagra
  -  フェテャスカ・ニャグラ

数千年の歴史を持つ古代種で、プルト川の谷間に由来すると言われています。ソビエト時代に姿を消したものの、2000年代以降多くのワイナリーで植え替えが行われました。作られたワインはワイルドチェリーの豊かなブーケやスパイスやフルーツの香り、厚みのあるタンニンが特徴。オーク樽との相性も良く、熟成に向いた品種と言えます。フェテャスカ・ニャグラの意味は「黒い乙女」。
 

モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバ固有品種の葡萄・MOLDOVA WINE
Feteasca Alba 
  -  フェテャスカ・アルバ

何世紀にも渡りモルドバの歴史的な地域で栽培されてきた古代種と言われています。現在は中央地域と南部地域で育てられることが多く、モルドバではスパークリングワインの製造にもよく使用されます。作られたワインは果実や花のアロマがあり、軽くてフレッシュ、上品な味わいが特徴です。フェテャスカ・アルバの意味は「白い乙女」。
 

モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバ固有品種の葡萄・MOLDOVA WINE
Feteasca Regala
  -  フェテャスカ・レガーラ

「高貴な乙女」という意味を持つ、ルーマニア原産の白葡萄。 作られるワインはエキゾチックで花やフルーツのフレーバーを持ちます。タンニンが比較的強くワインに複雑さをもたらすため、フェテャスカ・アルバよりもオーク樽の熟成に向いている品種と言えます。(長い間グラッサ種とフェテャスカ・アルバ種の自然交配種であると考えられてきましたが、近年の鑑定によると否定されています。)
 

モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバ固有品種の葡萄・MOLDOVA WINE
Viorica
 -  ヴィオリカ

1969年に、キシナウ国立研究場でセイベルとアレアティコの交配により生まれた品種。「ヴィオリカ」はモルドバ人の多くの女性につけられる名前です。

モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバ固有品種の葡萄・MOLDOVA WINE
   モルドバ固有品種の葡萄

 
モルドバで栽培されている葡萄品種は、西欧品種、コーカサス地方の品種、及びモルドバ固有品種が含まれます。
112,000haの葡萄畑のうち70%はコードル地域で栽培される白葡萄、30%が南部地域で多く栽培される黒葡萄であり、
現在は全体の約10%をモルドバの固有品種が占めています。

ララ・ニャグラ

 

モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバ固有品種の葡萄・MOLDOVA WINE

古代ダキア人により栽培されてきた、歴史的に大変古いルーツを持つ品種と言われています。作られたワインはフレッシュで柔らかく、果実味豊かな味わいが特徴です。
時間の経過と共にドライフルーツの香りが現れます。ルーマニアやウクライナなどの周辺国では、国ごとの名称で呼ばれています。

フェテャスカ・ニャグラ

 

モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバ固有品種の葡萄・MOLDOVA WINE
 
数千年の歴史を持つ古代種で、プルト川の谷間に由来すると言われています。ソビエト時代に姿を消したものの、2000年代以降多くのワイナリーで植え替えが行われました。作られたワインはワイルドチェリーの豊かなブーケやスパイスやフルーツの香り、厚みのあるタンニンが特徴。オーク樽との相性も良く、熟成に向いた品種と言えます。フェテャスカ・ニャグラの意味は「黒い乙女」。

フェテャスカ・アルバ

 

モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバ固有品種の葡萄・MOLDOVA WINE

何世紀にも渡りモルドバの歴史的な地域で栽培されてきた古代種と言われています。現在は中央地域と南部地域で育てられることが多く、モルドバではスパークリングワインの製造にもよく使用されます。作られたワインは果実や花のアロマがあり、軽くてフレッシュ、上品な味わいが特徴です。フェテャスカ・アルバの意味は「白い乙女」。

フェテャスカ・レガーラ

 

モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバ固有品種の葡萄・MOLDOVA WINE

 
「高貴な乙女」という意味を持つ、ルーマニア原産の白葡萄。 作られるワインはエキゾチックで花やフルーツのフレーバーを持ちます。タンニンが比較的強くワインに複雑さをもたらすため、フェテャスカ・アルバよりもオーク樽の熟成に向いている品種と言えます。(長い間グラッサ種とフェテャスカ・アルバ種の自然交配種であると考えられてきましたが、近年の鑑定によると否定されています。)

 

ヴィオリカ

 

モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバ固有品種の葡萄・MOLDOVA WINE

1969年に、キシナウ国立研究場でセイベルとアレアティコの交配により生まれた品種。「ヴィオリカ」はモルドバ人の多くの女性につけられる名前です。

モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバワインの歴史・MOLDOVA WINE
  モルドバワインの歴史

モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバワインの歴史・MOLDOVA WINE
 

 紀元前 5,000年〜紀元 1世紀頃   
 
 考古学的遺物によると、現在のモルドバがある地域では約5千年前よりダキア人(トラキア人)がワイン作りを行なっていたと言われています。
 イリアッドの古い詩(紀元前8世紀)には、「ギリシャの戦士がワインを見つけるためにトラキアに行った」と記されています。ローマ人がこの地域を征服した1世紀頃には、豊かな伝統を持った葡萄栽培とワイン醸造文化を発見し、ワイン産業の発展を続けました。

モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバワインの歴史・MOLDOVA WINE
BC. 5,000 - AD. 1

 

モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバワインの歴史・MOLDOVA WINE

 考古学的遺物によると、現在のモルドバがある地域では約5千年前よりダキア人(トラキア人)がワイン作りを行なっていたと言われています。
 イリアッドの古い詩(紀元前8世紀)には、「ギリシャの戦士がワインを見つけるためにトラキアに行った」と記されています。ローマ人がこの地域を征服した1世紀頃には、豊かな伝統を持った葡萄栽培とワイン醸造文化を発見し、ワイン産業の発展を続けました。

15世紀頃

 

モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバワインの歴史・MOLDOVA WINE
 
 
 中世時代、ステファン大王が統治していた15世紀頃にワインの開発は最高レベルの域に達したと言われています。 新しいブドウ品種が持ち込まれ、土着品種が選別され、ワインセラーが建設されるなどし、ワイン製造の技術は大きく発展しました。 また修道院がワイン造りの中心となったことで、ワインは宗教的象徴となりました。
 オスマン帝国による征服後もモルドバはワイン生産を続け、18世紀に書かれた書物「Description of Moldova」には、この地におけるワイン生産が経済的に重要であったことが記されています。
 
 当時、モルドバの要塞はトルコ人とタタール人の侵略者を防ぐための重要なポイントでした。食料や水もなくソロカ要塞で捕らえられ、衰弱した兵士たちが、ブドウの房を運んでいるコウノトリの群れによって救われた伝説が生まれたのも、この時代です。

19世紀頃

 

モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバワインの歴史・MOLDOVA WINE

 1812年にベッサラビアがロシア帝国に併合された後、ワイン造りは貴族とロシア軍の将軍の大きな利益となりました。 フランスから著名な専門家を招き、選別された品種を持ち込み、優れた可能性を持つワインのマイクロゾーンが開発されました。 モルドバワインは有名になり、1878年にはパリの国際品評会会で「ネグル・デェ・プルカリ」が金メダルを獲得。その後、ロシア皇室やヨーロッパの貴族たちのワインリストに含まれるようになりました。
 1837年、ベッサラビアはロシア帝国で作られるワインの半分である年間1,000万リットルのワインを生産していました。 19世紀の終わり、フィロキセラの流行でワインが不足する中、モルドバのワインはヨーロッパに積極的に輸出されました。また、葡萄栽培とワイン醸造を学ぶ高等教育機関である「スタウセニ国立大学」が開設されました。

20世紀〜21世紀

 

モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバワインの歴史・MOLDOVA WINE

 2度の世界大戦と革命により、ワイン製造の発展は遅れをとりましたが、ソビエト連邦ではモルドバが最大のワイン生産地となりました。 1960年代には地下のワインギャラリーが設立され、数百キロメートルにわたる道路のある地下都市に、約30万hlのワインと何百万ものワインボトルのコレクションが保管されるようになりました。
 1980年代、ミハイル・ゴルバチョフの反アルコールキャンペーンによって、葡萄畑や醸造場は大きなダメージを受けましたが、1991年にモルドバが独立した後、ワインづくりは復活し、近代化を開始しました。
 2006年から2011年の大きな危機の後、モルドバのワインセクターは高品質のワインの生産、市場の多様化、産業の近代化に重点を置いていました。近年、国内のワイン法が改正され、近代化への投資のために7,500万ユーロが集められました。保護された地理的表示を持つワインの生産のために4つの地域が設立されました。

 中世時代(15世紀頃)   
 
 中世時代、ステファン大王が統治していた15世紀頃にワインの開発は最高レベルの域に達したと言われています。新しいブドウ品種が持ち込まれ、土着品種が選別され、ワインセラーが建設されるなどし、ワイン製造の技術は大きく発展しました。また修道院がワイン造りの中心となったことで、ワインは宗教的象徴となりました。
 オスマン帝国による征服後もモルドバはワイン生産を続け、18世紀に書かれた書物「Description of Moldova」には、この地におけるワイン生産が経済的に重要であったことが記されています。
 
 当時、モルドバの要塞はトルコ人とタタール人の侵略者を防ぐための重要なポイントでした。食料や水もなくソロカ要塞で捕らえられ、衰弱した兵士たちが、ブドウの房を運んでいるコウノトリの群れによって救われた伝説が生まれたのも、この時代です。

 
モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバワインの歴史・MOLDOVA WINE
 
モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバワインの歴史・MOLDOVA WINE

 近代(19世紀頃) 
 
 1812年にベッサラビアがロシア帝国に併合された後、ワイン造りは貴族とロシア軍の将軍の大きな利益となりました。フランスから著名な専門家を招き、選別された品種を持ち込み、優れた可能性を持つワインのマイクロゾーンが開発されました。モルドバワインは有名になり、1878年にはパリの国際品評会会で「ネグル・デェ・プルカリ」が金メダルを獲得。その後、ロシア皇室やヨーロッパの貴族たちのワインリストに含まれるようになりました。
 1837年、ベッサラビアはロシア帝国で作られるワインの半分である年間1,000万リットルのワインを生産していました。19世紀の終わり、フィロキセラの流行でワインが不足する中、モルドバのワインはヨーロッパに積極的に輸出されました。また、葡萄栽培とワイン醸造を学ぶ高等教育機関である「スタウセニ国立大学」が開設されました。

 近現代(20世紀〜21世紀) 
  
 2度の世界大戦と革命によりワイン製造の発展は遅れをとりましたが、ソビエト連邦ではモルドバが最大のワイン生産地となりました。1960年代には地下のワインギャラリーが設立され、数百キロメートルにわたる道路のある地下都市に、約30万hlのワインと何百万ものワインボトルのコレクションが保管されるようになりました。
 1980年代、ミハイル・ゴルバチョフの反アルコールキャンペーンによって、葡萄畑や醸造場は大きなダメージを受けましたが、1991年にモルドバが独立した後、ワインづくりは復活し、近代化を開始しました。
 2006年から2011年の大きな危機の後、モルドバのワインセクターは高品質のワインの生産、市場の多様化、産業の近代化に重点を置いていました。近年、国内のワイン法が改正され、近代化への投資のために7,500万ユーロが集められました。保護された地理的表示を持つワインの生産のために4つの地域が設立されました。

 
 
モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバワインの歴史・MOLDOVA WINE
モルドバワインについて・モルドバマーケット・モルドバワインの歴史・MOLDOVA WINE