多様な品種のブドウ園、506ヘクタールを保有

 

ASCONI アスコニ ➡︎このワイナリーのワイン一覧
創業年:1994年
地域:モルドバ中央部 コードゥル地方 
 
1994年の設立以来から、アスコーニ社は多くのことを成し遂げてきました。ワインの生産を始めた当初から、製造工程の近代化が主な目的でした。現在は、最新のイタリア及びフランスの製造設備を有しています。
 
当社は、506ヘクタールの多様な品種のブドウ園を保有しています。カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、ミュスカ・オットネル等の品種がコードル(Codru)地域のゲアマナ(Geamana)村の近くで栽培されています。この美しいブドウ園は、モルドバの首都キシナウから南に40㎞、ワイン醸造所から10㎞の場所に位置しています。最近では、もっと様々なブドウ品種、例えばマルベック、サペラヴィ、ミュスカ・ロゼ、グレラ等も栽培するようになりました。これらのブドウ品種を少量加えることによって、ワインの複雑性を増すことができるのです。
 
収穫時期は通常8月頃から、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ、ミュスカの白ブドウから始まり、その後にメルロー、カベルネ・ソーヴィニヨンの赤ブドウの収穫に移っていきます。ブドウの収穫は、手摘みと機械収穫の二つの方法で行われます。手摘みの収穫は、主にトップ・クラスの高級辛口ワインのために行っています。